【Cộng Cà Phê】ハノイ発祥のレトロ喫茶

カフェ

日曜日はカフェ巡りの日ってことで、ガーデンショッピングセンターの近くのCộng Cà Phê(コンカフェ)に行ってきました。コンカフェは昭和レトロな雰囲気の店舗が多いですが、ここは小綺麗な感じ。我が家ではこの店舗をオシャレ・コンカフェと呼び愛用してます。

吹き抜けの店内は座席もかなり多く、奥の壁際にある一枚板の長テーブル席がお気に入り。

夜遅くまで営業しているので、この辺りの韓国街で夕食したあとに最適です。夜はライトアップされてリゾート感ある雰囲気ですよ。

コンカフェとは?

ベトナムの首都ハノイ発祥で、現在はベトナム全土に展開するコーヒーチェーン店。お店の雰囲気は店舗によって異なりますが、ハノイの古き良き時代のレトロさをコンセプトとしており、コンクリートの打ちっぱなし風の壁にカーキ色のペンキが塗られているのが特徴。家具や照明などは古びたような演出が施されていますが、外国人の利用客も多く英語が喋れるスタッフも多いです。

地元の利用客にもオシャレっぽい若者が多いですが、ヒマワリの種を食べまくっているのがベトナムらしいところ、スターバックスやハイランズコーヒーとは違った雰囲気が味わえます。

メニュー紹介

注文と会計は先にレジで済ます言わばスタバ方式。ブザーを渡されるので、席を選びながら鳴るのを待ちます。

ベトナムコーヒーの他に一般的なラテなどもありメニュー豊富です。のどが渇いていた私はフラペチーノっぽいCốt dừa sô-cô-la(ココナッツチョコフローズン)を注文。こちらサイズが大きく激甘なので最後まで飲めたためしが無いんですが、トッピングされたチョコチップの歯ごたえが好きで暑い日はだいたいコレです。

一方で嫁は安定のカフェラテを注文、コーヒーカップがオシャレです。

カフェラテ(45,000vnd≒225円)+ココナッツチョコフローズン(65,000vnd≒315円) ※20年10月時点

もう一つ、コンカフェでオススメしたいのがSữa chua cà phê(ヨーグルトコーヒー)。こちらハノイ発祥のベトナム名物で、ベトナムコーヒーの苦味&ヨーグルトの酸味&コンデンスミルクの甘味が絶妙。日本では馴染みのない組み合わせですが、出張者や観光客を連れて行くと大体ハマってます。ミルクで描かれた星型のラテアート?もベトナムを感じれるポイント。

ヨーグルトコーヒー(40,000vnd≒200円) ※20年10月時点

コーヒー:Cà Phê(カフェー)
ココナッツ:Cốt Dừa(コッズア)
ヨーグルト:Sữa chua(スアチュア)
チョコレート:Sô cô la(ソコラ)

グッズ販売

店内ではコンカフェ・グッズも販売しており、店舗ロゴが入ったマグやバッグなど思いのほか良さそうなアイテムが揃ってます。

オススメは店員さんも来ているTシャツ。こちらは北ベトナムの軍服をイメージしたもので、ミリタリー調のため体格のいい人が着れば軍人っぽく見えます。

綿100%で着心地も良く夫婦で1着ずつ購入、私は外出するときの普段着としても使ってます(嫁はもっぱらパジャマ扱いしてますが)

店舗住所

ハノイ市内にはコンカフェが沢山ありますが、今回紹介したオシャレ店舗はこちら。ガーデンショッピングセンターの近くで、Paris Baguette(パリ・バケット)の隣です。

住所:The Manor – Hà Nội, Từ Liêm, Hà Nội
営業時間:7:00~23:30

少しでも参考になればうれしいです。

カフェ
スポンサーリンク
Georgeをフォローする
ハノイ・ウォーカー
タイトルとURLをコピーしました