【Foodshop45】欧米人にも人気のインドカレー

レストラン

ハノイにはインドカレー屋さんがチラホラありどこも美味しいんですが、変わったメニューを頼むとハズレの場合もあったり・・・
その点こちらのフードショップはどのメニューも美味しくハズレがありません(今のところ!!)

本日はフードショップで食べれるオススメをいくつか紹介。

お店の座席はこんな感じ。だいたい1階を利用しますが、お客さんを案内するときは3階の展望席を使ってみたり。

  • 1階:風通しのいいテラス風(ローテーブルの席は食べづらい)
  • 2階:室内のテーブル席(空調が効いてる)
  • 3階:眺めのいいルーフトップバー風

チュックバック湖(タイ湖の南東に隣接するまぁまぁ大きい湖)が眺めれて開放的ですが、この3階席に行くためには螺旋階段(けっこう揺れる)を上っていく必要があるので敬遠しがち。

メニュー紹介

我が家はいつも、ケバブカレーナンの3点セットで注文してます。

本日は骨なし(Boneless)のチキンティッカケバブを注文。ケバブ系は色々メニューがありますが、骨なしだとタンパクな感じ。骨ありだとジューシーな感じです。

続いてカレーのお気に入りTOP3はこんな感じ。

  1. Prown Curry(海老カレー)
  2. Butter Chiken(バターチキン)
  3. Paneer Butter Masala(カッテージチーズ&トマト)

Spinach系(ホウレン草ペースト)のカレーも捨てがたく迷うところ・・・昔は海老カレーにホウレン草を追加して?と無茶な注文したりもしてました。

そして今回の注文はバターチキンとカッテージチーズ&トマトにしました(海老カレーじゃないんかいって感じですよね)

最後にインドカレーといえばナンですね。女性にはチーズナンが人気ですが、高カロリーかつ最後の方に飽きてくるので、結局のところ無難なプレーンナンが一番と気づきました。

全粒粉を使用したチャパティやロティーもヘルシーでオススメですよ。ちなみにチャパティとロティーの違いは良く分かりませんが、地域によって呼び方が変わるのかな?

こちらのフードショップではこんな感じです。

  • ナン:タンドールで焼き上げたふっくらタイプ
  • チャパティ:全粒粉を使用して鉄板で焼く薄めタイプ
  • ロティー:全粒粉を使用していてナンより少し薄めタイプ

そして到着した料理がこちら。チキンティッカとカッテージチーズ(低カロリーで高タンパク)で筋肉疲労が回復しそうな感じ。筋トレ後にオススメの組み合わせですね。

付け合わせでソース(フルーツ系&香草系)やピクルスも出してくれるのも嬉しいです。

Chicken Tikka Kebab(110,000vnd≒550円)+Paneer Butter Masala(95,000≒475円)+Butter Chicken(115,000vnd≒575円) ※20年11月時点

ナンとロティーもタンドールで焼き上げているので熱々。ナン2枚だと結構ボリューミーなので、我が家はナンとロティーを1枚ずつぐらいがちょうどです。

Plain Nan(25,000vnd≒125円)+Tandoori Roti(30,000vnd≒150円) ※20年11月時点

お腹いっぱいになったら最後はチャイで一服。フードショップから少し歩いたところにコンカフェもあるので、そちらで休憩するのも良いですねー。

Masala Indian Tea(40,000vnd≒200円) ※20年11月時点

店舗情報

59 Trúc Bạch, Ba Đình, Hà Nội

フードデリバリーアプリ(Vietnammm)からも注文できますよ。

少しでも参考になればうれしいです。

タイトルとURLをコピーしました