【ペリドットグランドホテル&スパ】カウントダウン滞在記

旅行

2020年2月にオープンしたというこちらのホテル(Peridot Grand Hotel & Spa by AIRA

旅サラダという朝日放送の旅番組で紹介されてから気になってましたが、なかなか宿泊するチャンスが無く、年末年始の休暇でステイケーションしてきました(コロナ禍で旅行も行けないですし・・・)

ちなみに我が家は、ハノイ市内のホテルで年越しをするのは今回で2回目。

2年前にJWマリオットで年越しした際は、1階のJWカフェでシャンパンを飲みながらしっぽりカウントダウンを祝う大人な感じでしたが、こちらのホテルでの年越しはベトナム感が溢れるお祭り騒ぎ、とても楽しく過ごせました。

こちらのホテルは新しいこともあり情報が少ないので、できるだけ詳しく紹介していきますね。

客室紹介(ラグジュアリー スイート)

私たちはエクスペディアから予約しましたが、コロナ禍のせいか年末年始にも関わらず58%オフだったため、ワンランク背伸びしてラグジュアリースイート(大人2名・朝食付き)を予約。部屋価格は2泊3日(12/31~1/2)で7,484,698vnd(33,734円)でした。

リビング①
リビング②

部屋に入るとテーブルにウェルカムギフトとしてフルーツとダラット産の赤ワインが置かれてました。カウントダウン限定なのか、客室限定なのか分かりませんが嬉しいオモテナシです(なかなか飲むタイミング無く、そのまま持ち帰りましたが・・・)

ウェルカムギフト

そしてこちらが隣のベッドルーム、自宅よりもマットレスがフカフカで快適。電飾や家具などいちいちオシャレです。

ベッドルーム①

鏡付きの化粧台もあるので宿泊される奥様には有難いポイントですね。

テレビは日本の番組が映らないので、我が家はHDMIケーブルを持参してiPhoneから映画やYoutubeを見て過ごしました。

ベッドルーム②

そして驚くのは窓からの景色。市街地に建てられているため、窓からの景色は生活感が満載です(バルコニーに椅子が置かれてましたが一歩も出ず、景色だけ楽しみました)
これも市街地ホテルの醍醐味ですね!!

ベッドルーム③

最後はバスルームをご紹介。トイレとスタンドシャワー室の他にバスタブがあるのが嬉しいですね。海外生活だと湯舟に浸かる機会も限られているので、入浴剤も持参して満喫しました。

バスルーム①

ハブラシやシャンプーなどアメニティは準備されてますが、ホテル専用容器に入れてあるので種類は分からず・・・まぁこの辺はあまり気にせず使っちゃいます。

バスルーム②
バスルーム③

ところでこちらのホテル、DAIKINの空調が設置してあるんですが冷房とドライのモードしか見当たらず・・・(ベトナムは暖房が無い場合が結構ある)

しかし、エクスペディアの施設概要を見ると「暖房有り」と記載されているため、思い切ってフロントに問い合わせてみました。
どうやら、ゼネラルヒーティング?と言ってましたが、ホテル側が空調モードを切り替えできるようで、システム側で暖房モードに切り替えてくれました。

レストラン(11階) 

初日の夕食はホテル内のレストラン(OLIVINE RESTAURANT)で頂きました。店内は高級感がある感じですが、料金は思いのほか良心的。調理場はオープンキッチン風になってます。

ビールは数種類ありましたが、見慣れないBLANC 1664という銘柄をチョイス。
こちらフランスのビールなのかな? 苦味おさえめの白ビールテイストで、ほのかに柑橘系(シトラス?)の風味がして食前にピッタリの一杯でした。

BLANC 1664 ビール(150,000vnd≒750円) ※21年1月時点

そしてビールのお供に注文した、ジャーマンソーセージとフライドポテト。
おいおいおい・・・ジャーマンソーセージにフライドポテトが付いてくるなら言っといてくれよ!!って感じですが、我が家はいつもこのミスをします。

ジャーマンソーセージ(120,000vnd≒600円)+フライドポテト(90,000vnd≒450円) ※21年1月時点

メイン料理は牛・豚・サーモンと3種類ありましたが、どれも2,000円前後と良心的。料理が冷めないよう、お皿が温めてあるひと手間が嬉しかったです。

私はステーキを注文しましたが、味の方も文句無し。ムースリーヌソース?と言う、エッグベネディクトなどで使われるオランデーズソースに卵白や生クリームを加えた、珍しいソースで美味しく頂きました。

テンダーロインステーキ with ムースリーヌソース(450,000vnd≒2,250円) ※21年1月時点

こちらは嫁の注文したサーモンのグリル。パッションフルーツは好みが分かれるところですが、見た目でも楽しめる一品です。

ベイクド・サーモン with パッションフルーツソース(370,000vnd≒1,850円) ※21年1月時点

ルーフトップバー(11階・12階)

レストランから外に出ると、プールとルーフトップバー(IGNITE SKY BAR)になっていて、カフェやお酒を楽しめます。

ハノイの旧市街を眺めながらのインフィニティプールは新鮮ですねー。天気のいい日だとロッテタワーまで展望できそう。

インフィニティプール(11階)

そして12階には、鳥カゴのようなオシャレなカフェテーブル。

そういえば、こちらのホテルは客室に行くにはエレベーターでルームキーを認証する必要があるんですが、11階に行くときはそれが不要でした。おそらく宿泊者じゃなくてもカフェ利用はできるのかな?

ルーフトップバー(12階)
さらに屋上席

カウントダウン・パーティー

そしてメインイベントのカウントダウン。ホテルの客室料金とは別に一人350,000vnd(約1,750円)のチケットが必要ですが、せっかくなので参加してきました。会場は先ほど紹介した12階のルーフトップバー。

入口で受付をすると、ラッキードロー抽選券とドリンクチケット(1杯目無料)が渡されます。ベトナムってこのラッキードロー大好きですよね。会社でも毎年イベントがありますが、この時が一番盛り上がります。

ラッキーナンバーは抽選ボックスに入れるのを忘れずに!!

屋上の雰囲気は昼間から一変してこんな感じ。ナイトプールはライトアップされ、ご近所お構いなしの大ボリュームでライブ(カラオケ)が行われてます。部屋やレストランにいるときの爆音の原因はココでしたか・・・笑

バーカウンターで先ほどのチケットを渡すと、赤ワインか白ワイン?と聞かれるので赤ワインをチョイス。その隣ではバーテンダーがイエーガーボムを仕込んでました。

そして端の方に可愛いクリスマスツリーを発見。写真だと分かりにくいですが、Carlsbergの空き瓶で作られていてオシャレ。どうやら今回のパーティーはCarlsbergが協賛しているようですね。

そして23:40頃、バーカウンターに司会の方が登壇しベトナム語で盛り上げにかかります(ドレスめっちゃ寒そう・・・)
この時間帯になるとスタッフの方が花火を配ったり、いよいよカウントダウンという感じ。

そして新年が明けると、花火(火力けっこう強くて恐い)とお酒を両手に大盛況。爆音BGMに合わせてダンサーが踊ったりクラブの様な雰囲気です。

ホアンキエム湖の方で上がる花火(15分間ほど)もコチラから見えますが、爆音BGMにより音までは届かず・・・しかしハノイの花火も思いのほか豪華でした!!

そして一通り盛り上がったらラッキドローに突入。賞品紹介から数字の読み上げまで全てベトナム語なので旅行者にはしんどいかもしれませんが、Carlsbergのビールケースなどが当たるようです。

ちなみに特賞?らしきものを当てた人はリキュールのようなものを瓶ごと飲まされていて、まぁ正直なところ当たらなくてホッとしました笑

朝食ビュッフェ(B1階)

パーティーの興奮が冷めず夜更かししてしまい、翌朝は8:00過ぎに朝食会場(ASIA TASTE RESTAURANT)へ。他の宿泊者も同じなのか、私たちが着いた時間帯はガラガラでした。

ビュッフェはホテル朝食としては十分な内容。サラダ・パン・ハム・チーズ・ホットミール・フォーに至るまで一通りあります。

今回は2泊しましたが、料理の内容は少し変えてくれるので連泊の方には嬉しいポイントですね。

ちなみに私は朝食込みのプランで予約しましたが、朝食無しのプランで予約した場合も+20usd/人で朝食を利用することができるようです。

1日目の盛り付け
2日目の盛り付け

ちなみにエッグステーションでは、オムレツ・目玉焼き・スクランブルエッグ・ポーチドエッグなどのメニューが置いてありますが、思い切ってエッグベネディクトを注文したら対応してくれました。

エッグベネディクト

果物コーナーにはヨーグルトやプリンもありますよ。メロン(瓜?)も久しぶりに食べました。

フルーツ&ジュースバー

フィットネス(2階)

年末年始はチートデイってことでカロリー摂取してきましたが、気を緩めると一気に筋力が落ちそうなのでフィットネス室も利用してきました。

ダンベルなんかは20kgまでしか無いけど、ライフフィットネス製のマシンが揃えてあって軽く汗を流す程度であれば十分です。

人数が多いと取り合いになりそうですが、私たちは貸し切りで利用できました。

室内にはBluetoothスピーカーが設置してあるので、iPhoneからお気に入りの曲を流してトレーニングできます(ホテルジムにスピーカーが置いてあるのは初めて)

あとはタオルを設置しておいてくれれば100点です。

スパ&マッサージ(10階)

旧市街の散策とトレーニングで疲れたので、最終日はホテルスパを利用してみることにしました。

普段はホテルスパなんて割高で利用しないんですが、なぜか50%オフのプロモーション中とのこと。

アロマヒーリングセラピー(60分)のコースに、追加料金で30分延長、
770,000vnd(約3,850円)+440,000vnd(約2,200円)が50%オフとなり、一人合計605,000vnd(約3,025円)で利用できました。

スパメニュー①
スパメニュー②
スパメニュー③

アロマオイルを使用したマッサージで、重点的に施術してほしい箇所や強さを確認してくれるので快適でした。

ちなみに施術前と施術後に温かいお茶を出してくれるんですが、施術前は飲みすぎ注意。長時間コースの場合、途中から尿意との戦いになるので・・・

ホテル案内

33 Đường Thành, Old Quarter, Hoàn Kiếm, Hà Nội

ハンザ市場から徒歩5分の路地に、こんな感じの門が現れるので、そこを真っすぐ進んだら到着です。

市街地エリアにあるので観光にも最適、ハノイに来られた際はぜひ利用してみて下さい。

少しでも参考になれば嬉しいです。

旅行
スポンサーリンク
Georgeをフォローする
ハノイ・ウォーカー
タイトルとURLをコピーしました